借主の違反で敷金を上回る原状回復費用が発生したが、希望額を回収することができた事例

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約1分16秒です。

【事案概要】原状回復費請求事件(オーナー側)

マンションオーナーからの原状回復費用回収の依頼である。相手方はマンション退去済みの借主である。

 

弁護士依頼に至った理由としては、敷金を上回る原状回復費用が発生しており、また、その原因が借主の約定違反の使用態様(ペット不可の物件でありながら室内でペット飼育)にあると考えられた事案である。

退去後、ペットによるものと思われる壁紙やふすまの破損、カーテンの汚れが散見された。

 

【解決-証拠に基づく相手方との交渉-】

通常の損耗を超えるとして相手方に内容証明郵便にて原状回復費用が敷金を上回る旨伝え、その差額相当額の請求を行ったところ、相手方は通常損耗の範囲内と主張した。

 

そこで交渉を有利に進めるにあたり、内装業者から詳細な見積書をとり、また、専門業者や不動産管理会社の意見を聞き、報告書の作成なども行った。

 

これらの証拠を付け、通常損耗を超えるものであると再反論して、当方依頼者希望の請求額そのままの金額を認めさせた。また、支払い方法についても相手方に要請して一括支払いを認めさせた事案である。

The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。 平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。 いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。