所有者に建物収去土地明渡を求め、相手方請求の半分の金額で示談が成立した事案

タグ:

この記事を読むのに必要な時間は約1分14秒です。

【事案概要】建物収去土地明渡請求事件(オーナー側)

依頼者が購入した土地上のプレハブ小屋の撤去、つまり、依頼者が土地上の建物所有者である相手方に対して建物収去土地明渡を求めた事案である。

当該小屋には相手方を所有者とする登記もされていた。小屋を撤去しないと建物の建造も土地の売却もままならず、有効利用ができない。

 

また、依頼者は早期の土地活用の希望が強く、所有権に基づく訴訟など、時間のかかる法的手続きは避けたいという意向であった。

 

【解決-相手方との面談および解決金の減額等-】

現地に赴き、当該土地および対象となるプレハブ小屋の調査を行い、所有者の公示があること、基礎部分がコンクリで土地に定着しており、建造物に該当し得ることなどを確認した上で、相手方と交渉を開始した。

 

相手方との交渉にあたっては、電話のみならず、出張して相手方と面談し、依頼者の負担を軽減するべく、小屋の撤去、建物滅失登記なども含めた当方の要求を繰り返し伝え、最終的には相手方請求の金額の約半分までの減額に成功し、法的手段に至ることなく示談解決となった。 

The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。 平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。 いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。