賃料滞納が数カ月に及び、裁判により明け渡しをさせることに成功した事案

タグ:,

未払賃料請求及び建物明渡請求事件(オーナー側)

個人名義の契約だがホストクラブの寮として使用されていた物件で、賃料滞納が数ヶ月に及んだため明渡を求めた事案。

 

【 解決】

名義上の借主である人物が既に店を辞めて連絡がつかない状況であったため、占有者を確定する法的手続きを取った上で関係者全員を被告として明渡の裁判をした。

 

勝訴判決をもとに強制執行する場合多大な費用がかかるため、交渉して被告側に任意に明渡をさせることができた。