競売で落札した建物について、適正な承諾料で賃借権を譲り受けた事案

タグ:

【概要】競売に伴う土地賃借権譲受許可申立事案(賃借人側)

借地上の建物を競売で落札した依頼者が、土地賃借権の譲り受けに関して土地賃貸人に承諾を求めたところ、高額な承諾料を要求されたために、土地賃借権の譲受け許可を裁判所に申し立てた事案。

 

【解決】

賃借権と承諾料の適正評価額を資格者に算定してもらい、賃貸人の求める承諾料が相場と乖離していることを指摘した。

 

また、建物の使用目的に変更がないことや、賃借人の資力に問題がないことから賃貸人が承諾しない理由もないことを指摘した。

結果、資格者が算定した承諾料に近い金額で、賃借権を譲り受けることができた。